• 教科書・教材の問い合わせ

神奈川LD協会 冬のセミナー2019

開催場所 神奈川県
開催日 2019年02月02日~2019年02月02日
校種 小学校,中学校,高等学校,その他
教科 その他
会場 ゆめおおおかオフィスタワー12階 ウィリング横浜
テーマ

『安心 あったか ワクワク 大好きがいっぱいの教室』

講師・講演

904「子どもへの性的虐待・性暴力の理解と支援 -学校における対応を中心に-」山本恒雄先生(愛育研究所 客員研究員・NPO法人「性暴力救援センター・大阪SACHICO」理事)

お問い合わせ先

HP http://www.246.ne.jp/~kanald/

備考

 子どもの性暴力被害の実態については、まずその潜在率の高さに特徴があります。家庭内で起こる子どもへの性暴力は、一般に性的虐待と呼ばれていますが、他の虐待と性的虐待は大きく違います。それは、いわゆる「子ども虐待」が、保護者の養育における親子関係の不調に核があるのに対して、家庭内性暴力は、性加害・性的搾取という、養育動機とは異なる加害性が核になっていて、家庭においても多様な加害者がいる点です。それは、
子どもの非行問題や性産業による権利侵害と搾取の問題、さらには様々な形での性犯罪問題にも連続的につながっています。この点で最近、刑法改正に重要な動きがありましたが、残された課題もたくさんあります。

 このセミナーでは、子どもが毎日の生活をおくる重要な居場所である学校において、子どもの性暴力被害について出来ること、気づいておくことは何か、発見と対応、特に児童相談所への通告と対応体制についても紹介したいと思います。

 そこでまずは、子どもの変化や異変に気づくこと、つまり家庭内性暴力・性的虐待の兆候と発見の課題を理解していくことです。それは単に初期の発見だけでなく、重大な権利侵害に傷ついた性暴力の被害を受けた子どもへのケアの考え方、激しいストレスによる過覚醒 反応への対応とコミュニケーションの持ち方にもつながっていく事柄です。

 最後に、初めて何かを語り出そうとする子どもから、情報汚染せずに、自発的な開示、子どもの話を正確に聴く技術についても、ロールプレイを通じて紹介したいと考えています。よろしくお願い申し上げます。

研究会情報の登録は、
研究会情報登録依頼フォームよりご依頼ください。

研究会情報登録の依頼はこちら